オプション取引の基礎知識

オプション取引用語

オプション取引とは中小企業などを対象にした取引で主に為替取引のリスクヘッジとして利用される取引だそうです。
未来のある日時に決められた価格で購入することのできる権利(オプション)を売買するのです。
この際、売る権利のことを「プット」と呼び、買う権利のことを「コール」と呼びます。
どちらにしても扱いは同じです。どちらも期日に予想した数字との差によって利益が出るのです。
ただ、予想した数字に対して利益がない場合も当然あります。その場合には権利を放棄することもできます。
その際にはその権利を買うために支払った費用がそのまま損失となります。
ちなみにこの権利(オプション)自体の価格を「プレミア」と呼び、適用されるレートをストライク・プライスと呼ぶそうです。
近年ではインターネットの普及によって多くの個人投資家が為替取引を行うようになりました。
元来のオプション取引はあくまで企業向けですが、最近では個人投資家向けに内容を変えたオプション取引があるそうです。
重要なのは運だという人もいるそうですが、最低限の知識は持っていないと分からないままに損をする場合もあるかもしれませんよ。


お笑いグループ